理念・方針

企業理念・企業行動憲章

企業理念

  • 責任ある企業行動により、社会の発展に貢献します。
  • 人と技術とサービスで、お客様のために新たな価値を創造します。
  • 社員一人ひとりが喜びと誇りを持ち、活力にあふれた企業風土を醸成します。

企業行動憲章

私たちは、企業理念を実現しステークホルダーの期待に応えるために、以下の企業行動憲章を定め、これを丸文グループ企業の活動の基本姿勢とします。

1.誠実で透明な経営

私たちは、企業倫理を徹底し、自らの活動を適時・適切に開示します。

2.健全な経営活動の実践

私たちは、適正な取引を行い、国内外の法令等を遵守します。

3.社会との調和

私たちは、良き企業市民として社会に貢献し、反社会的勢力とは与しません。

4.環境保全への貢献

私たちは、環境保全に資する経営を実行します。

5.お客様の満足の向上

私たちは、お客様にとって価値ある商品やサービスを提供し、そのニーズや期待に応えます。

6.企業リスクの適切な管理

私たちは、適切なリスク管理を通じ、長期的かつ安定的な成長を目指します。

7.人権の尊重

私たちは、人権、人格および多様性を尊重し、いかなる差別も行いません。

8.働きやすい職場作り

私たちは、安全・快適でチャレンジ精神を尊重する職場環境を実現します。

経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、社内およびグループ企業に徹底するとともに、取引先にも周知します。

行動規範

1.誠実で透明な経営

私たちは、企業倫理を徹底し、自らの活動を適時・適切に開示します。

  • 企業倫理を徹底するための体制を整備します。
  • 内部通報制度を整備し、通報窓口を設置します。
  • 企業倫理に関する教育や研修を実施し、その充実を図ります。
  • 企業理念や企業行動憲章、行動規範の基本姿勢は社外にも開示します。
  • ステークホルダーに対して適切に情報提供・開示を行ないます。
  • 広報活動やIR活動等を通じて、社会との双方向のコミュニケーションを促進します。

2.健全な経営活動の実践

私たちは、適正な取引きを行い、国内外の法令等を遵守します。

  • 優越的地位を濫用することによりサプライヤに不利益を与える行為は行ないません。
  • 法令に従い輸出管理体制を整備します。
  • 独占禁止法の遵守につき、社内での徹底を図ります。
  • 公正・透明・自由な競争を阻害する行為は行ないません。
  • 自社の知的財産を保護するとともに、他者の知的財産を尊重します。
  • 不当な利益等の取得を目的とする贈答・接待は行ないません。
  • 政治・行政との健全かつ正常な関係を保ち、贈賄や違法な政治献金などは行ないません。
  • 国際ルールを踏まえた行動規範と現地の法律の遵守を徹底します。
  • 海外においても現地の文化や慣習を尊重し、相互信頼を基盤とした事業活動を推進します。
  • 外国公務員に対して、強要や賄賂を含むあらゆる形態の腐敗につながる行為は行ないません。

3.社会との調和

私たちは、良き企業市民として社会に貢献し、反社会的勢力とは与しません。

  • (財)丸文研究交流財団の活動を支援し、産業の発展に貢献します。
  • 業界や経済界としての社会貢献活動に参画するように努めます。
  • 従業員の自発的な社会参加を支援します。
  • 反社会的勢力または団体には毅然とした態度で臨みます。

4.環境保全への貢献

私たちは、環境保全に資する経営を実行します。

  • 環境マネジメントシステムを構築・運用し、資源の有効利用、廃棄物の削減に努め、環境保全に取り組みます。
  • 製品含有化学物質の管理システムを構築し、運用します。
  • 法令等に従い、毒物・劇物管理、特定化学物質管理、危険物管理などを行ないます。
  • 環境活動の成果の開示について、適切に対応します。

5.お客様の満足の向上

私たちは、お客様にとって価値ある商品やサービスを提供し、そのニーズや期待に応えます。

  • お客様の状況を理解し、そのニーズや期待に応えることによりお客様の信頼獲得に努めます。
  • 商品・サービスの安全性と信頼性を確保します。
  • 品質マネジメントシステムを構築し、運用します。
  • お客様に対して、商品・サービスに関する正確な情報を提供します。

6.企業リスクの適切な管理

私たちは、適切なリスク管理を通じ、長期的かつ安定的な成長を目指します。

  • リスクを評価し、適切なリスク対応を行ないます。
  • 危機対応マニュアルや事業継続計画などを策定し、緊急事態に対応する社内体制を整備します。
  • 緊急事態が発生した場合は、速やかに事実調査、原因究明を行い、適切な対応と再発防止に努めます。
  • 情報セキュリティ体制を整備し、すべての個人情報および機密情報は適切に管理・保護します。
  • インサイダー取引を防止します。

7.人権の尊重

私たちは、人権、人格および多様性を尊重し、いかなる差別も行いません。

  • 雇用における差別を行わず、機会の均等を図ります。
  • 従業員の多様性、人格、個性を尊重し、差別や嫌がらせを排除します。
  • 多様な人材が個々の能力を十分に発揮できる人事処遇制度を構築します。

8.働きやすい職場作り

私たちは、安全・快適でチャレンジ精神を尊重する職場環境を実現します。

  • 労働災害、労働環境および労働疾病の状況を把握し、適切な安全・衛生対策を講じます。
  • 職場において人体に有害な化学物質および悪臭などに接する状況を把握し、適切な対策を講じます。
  • 全ての従業員に対し、適切な健康管理を行ないます。
  • 従業員の労働時間・休日・休暇を適切に管理します。
  • 従業員と直接あるいは従業員の代表と誠実に対話、協議します。
  • 従業員のキャリア形成や能力開発を支援します。

コンプライアンス方針

当社は、CSR経営の基盤となるコンプライアンスのマネジメントシステムを、企業グループとして整備し、継続的に改善します。
当社は、法令を遵守することはもとより、「企業行動憲章」「行動規範」に沿った企業活動を行います。
当社は、体系的な教育研修プログラムに基づき、コンプライアンス意識の醸成とその浸透に努めます。

株式会社北信理化
代表取締役社長 土屋 福一

情報・環境マネジメント方針

情報マネジメント方針

情報セキュリティ方針

  • 情報セキュリティへの取り組み
    当社は、情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産の取り扱いについては適切な管理及び従業員教育を行い、これを継続的に改善して参ります。
  • 法令等の遵守
    当社は、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守し、情報セキュリティの構築・確保に向け取り組みます。
  • 情報資産の保護
    当社は、情報資産の機密性、完全性および可用性を確保するための適切な管理を行い、情報資産を保護することに努めます。
  • 事故への対応
    当社は、情報セキュリティに関する事故の発生防止に努めるとともに、万一事故が発生した場合は、事故への対応および再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

環境マネジメント方針

環境方針

株式会社北信理化は、社是の誠実、清新、進取及び涵養をキーワードとし、日々の反省を忘れずに計画を実行するため、環境方針を次のように定める。

  • 当社は、環境機器を含む理化精密計測機器の販売を業務としている。その全ての業務において地球環境への負荷を軽減するため、環境目的・目標を設定し、汚染の予防を含む環境保全活動に取り組む。また、定期的に適切な見直しを行い環境影響を継続的に改善する。
  • 当社は、その全ての業務において環境影響評価を行い、エネルギー使用量の適正管理・廃棄物の分別・資源のリサイクル化の推進を継続し、環境製品の拡販に努める。
  • 当社は、環境法規制及び利害関係者との同意事項を順守する。
  • 当社は、本環境方針を全社員に教育し、環境保全活動を通じて周知・理解させ環境に対する意識向上を図る。また、本環境方針を文書化し、必要あるときは改訂し、環境管理システムの柱とする。また要求あるときは之を開示する。

株式会社北信理化
代表取締役社長 土屋 福一